お元気でしたか?今週もよろしく~~~~~♪

スリランカツーリング1日目2017年08月03日

スリランカツーリングの準備
 仕事で2度ほどスリランカに行き、タイとかバリとかバイクで走っているうちに、どうしてもスリランカをバイクで走りたくなってしまいました♪

 夏だし暑いし、無謀な計画だとは思ったのですが、行くことにしました♪

 ☆準備したもの☆
 
 携帯の地図をバイクで見られる防水ケース 携帯充電器 虫よけスプレー 塩キャンディー(重要) ゴープロ バックの鍵(いらなかったかも) グローブ(2個は必要だった) ヘルメット(3000円もしないヘルメットで、フルフェイスサングラスつき) 日焼け止めクリーム 国際免許(日曜日でも、すぐにもらえます) ウォッカ(スリランカの宗教の街にはお酒がない) 女性用立ってできるトイレ(重要すぎ) ロープ おりたたみハンガー(洗濯に必要) トリートメント(髪がゴアゴアになる) 着替え おやつ等

 ☆計画☆
 走っていてもレストランはないので、朝と夕食をしっかり食べて昼は水分を補給する♪
 グーグルマップをダウンロードして、道を確認しながら走る♪
 迷子になった時を考えて、Wi-Fiを借りる

 いよいよスリランカツーリングです♪昔かったキャスターつきツーリングバックがあったので、それをもって行くことにしました♪楽です♪
 レンタルのヘルメットはろくなものがなく、UVも心配だったので、安いものを購入して持って行きました♪
 スリランカの時差は3時間30分です♪行きの飛行機の中は、映画三昧でした♪
 スリランカの空港に到着して、すぐにお金を両替しました♪ホテルでも両替できるのですが、とりあえずタクシーに乗ったりチップを払ったりするのに必要です♪
 空港からタクシーでネゴンボのホテルに行きました♪ホテルから5分のところに日本人がやっているレンタルバイク屋があり、そこの場所をとりあえず確認に行きましたが、なくて・・・なくて・・・グルグル歩きまわり、到着した時には、ぐったり疲れてしまいました♪先が思いやられます・・・・・・・

 機内食を食べたので、夕食は食べず、そのまま水だけ飲んで眠りました♪次の日は、朝食をたっぷり食べます♪なにしろ、レストランやお店やコンビニはないので、途中で食事をすることは考えず、水分補給だけまめにすることにしました♪

 てっちゃんは、250のオフロード♪私はCB160とかの小さいバイクでしたが、荷物もしっかり乗って、運転もしやすく、スタートはバッチリでした♪

 バイクを借りるのに、4万円あづけることになり、ビックリ(*_*;
 おまけに、てちゃんがカードでお金をおろそうとするとエラーになり全くお金がおろせません(*_*;
 
 小さな街でお金をおろそうとしたので、セキュリティーがかかってしまって、お金が下せなかったそうです・・・

 いよいよ出発です♪ネゴンボから、アーヌダプラーまで走ります♪海沿いを走って3時間30分ぐらいかかる予定です♪

スリランカツーリング/アヌラーダプラーへ2017年08月04日

スリランカツーリング
 海沿いを通って、アヌラーダプラーに向かいます♪道路は整備されていて走りやすいのですが、路肩は傷んでいるところもあるので、そちらに行くと立ちごけしそうです。
 2人で走る場合、日本では、相手のバックミラーのうつるぐらいに右か左によって走るのですが、そんなことしたら危ないです!!そんなに遅く走っているわけではないのですが、大きなバスとかトラックが、ものすごい勢いで抜かして行くのです!
 バイク屋さんに、なにしろゆっくり走るように言われていたので、スピードは60キロぐらいで走るようにしました。
 走っていると、対向車がパッシングをします。まさか・・・スピード違反???と思うとポリスマンが立っています。また少し走るとポリスマン!スピード違反は、大きな車よりもバイクがつかまっているようでした。
 道路は左側通行なので、日本と同じで助かります。でも、油断すると、対向車が向かって来るし、逆走車は当たり前なので、常に気をつけていなくてはならないです。
 一番走り方がわからなかったのは、信号がないのに渋滞していて、クルクル回る交差点になっているのです。
 どう進んだらわからず、思い切って進むと、隣からバイクがぶつかりそうになって停車しました。
 しょっちゅうクラクションを鳴らされるのですが、最初は「危ない!!」と鳴らされているのかと思っていたのですが、そのうち「行くぞ!!」という合図だということがわかりました。
 クラクションを鳴らした後は、ものすごいスピードで追い越して行くのです!!
 よくもみんなぶつからない・・・というぐらいです。

 一瞬たりとも気をぬかずに、少しでも考えごとしていたら危ない!!という感じですが、天気も良く、そんなに暑くもなく、道路では、ヤシの実ジュースが売られ、楽しくてたまらない気分です♪

 ガソリンスタンドが、けっこうあって、トイレも大丈夫と思っていて、一度トイレを借りたのですが、ペーパーがないのはあたりまえ!ドアの鍵がかからないのもあたりまえ!といった感じでした。

 グーグルマップをWi-Fi環境でダウンロードしてあったので、日本語で案内してくれるので、迷子の心配はありません。ただ、光が強すぎるとバイクにつけている表面が光って見にくいのは難点でした。

 無事、アヌラーダプラーに到着し、インドから枝を持ってきたと言われる菩提樹の木を見に行きました。

 どこかに立ち止まって道を探していると、必ず誰かが来て、どこに行くんだ??と聞いてくれ、道を教えてくれます。のどがかわいてビールを飲みたかったですが、この街は宗教の街なので、アルコールは一切売っていないということでした。もちろんホテルにも、お酒はありません♪

 持って行ったウォッカと炭酸を割って、ビール気運でした♪お食事は、チャーハンと、野菜の天ぷらを注文したのですが、どうせたいしたことないと思っていたのに、こんなにおいしいチャーハン食べたことない!!ぐらい美味しかったです♪

 次の日の朝は、しっかりと朝食を食べて、ダンブッラで観光して、シギリアに向かいます♪ひとまず無事到着して良かったです!

スリランカツーリング/シギリアへ2017年08月05日

スリランカツーリング
 今日は、アヌラーダプラーからダンブッラに寄ってシギリアまで行きます。走り出してまもなく、休憩をとろうとして、てっちゃんのバイクが倒れました・・・・。やば~~~い♪
 私がバイクをとめて手伝おうとすると、周囲の人たちが10人ぐらい集まってきて、みんなで起こしてくれました♪あっという間の瞬間のことでした♪本当にみなさん優しいです。
 私たちがバイクで走っていると、スリランカの人たちは、みんな大きな目で私たちを見ます。私たちが笑顔で挨拶をすると、みんな笑顔をかえしてくれます♪
 ダンブッラまで走りますが、今日は初めて、ポリスに呼ばれました。スピードは出していなかったのですが、めんどうかも・・・と思いました。
 「アイラブスリランカ!アユボワ~~ン!ボホマストゥーティー(ありがとう)アイムジャパーン」と言うと、お巡りさんは笑顔になって、書類等見るだけ見て、笑顔で見送ってくれました♪

 ホッ・・・・・・・・( ̄▽ ̄;)

 ダンブッラは、階段を何段も登って行き岩の中の遺跡を見ます。たいぶ階段を上がってから、てっちゃんに「あたしのゴープロ持って来た?」と尋ねると「あっ!バイクにつけたままだ!!」

 たく~~( ̄▽ ̄;)

 その後の私の気分は観光どころではなく、ゴープロが心配で心配でたまりませんでした。観光が終わり、階段をおりてバイクに戻ると・・・

 ペットボトルは投げてあり
 てっちゃんの手袋は下に落ちていて
 なんと、私のかわいいピンクのグローブがなくなっていました!!

 グローブとられちゃったよ~~~( ̄▽ ̄;)

 絶対サルの仕業だと思います♪ゴープロは無事でした♪

 観光地しかトイレがないので、トイレに行くと、ペーパーなしは当たり前!ドアに鍵がかからないのはあたりまえ!といわけで、誰かに入られないためには、ドアに首巻きとかをひっかけて中にいることをアピールしないとドアを開けられてしまいます。

 グローブは、てっちゃんの手袋をかりて、どこかで軍手でも買おうと思っていましたが、何しろコンビニとかそういう店は全くありません。

 無事、シギリアに到着!!シギリアホテルに行きチエックいんして、そこからまたバイクでシギリアロックに行きました♪バイクをとめてシギリアまで歩きます♪

 さっきさんざん階段登ったのですが、また階段です!!ヒーヒー言いながら登りましたが、鉄で作られた階段が本当に大丈夫なのかとか考えていると怖くなりました。特に、シギリアの女性のきれいな絵を見るらせん階段は怖くて下を見ることができないぐらいでした。
 前回行った時には写真を撮影できたのですが、今回はできなくなっていました。ポエムをたくさん書かれた石の壁には落書きがたくさん書かれていて、触れることができないようにロープが張られていました。

 観光地になるといろいろ決まりができるようです。大きなハチの巣があり、蜂に注意の看板もあり、少しドキドキでしたが、蜂は飛び交ってはいなかったので頂上まで登りました。こんなに岩の上に、王様は御殿を作り、美しい女性たちと過ごしていたのかと思うと、なんだかな~~と思いました( ̄▽ ̄;)

 シギリアから帰り、今日もお酒はないかと思うと、ホテルシギリアには、ビールがありました!!!

 スリランカに来て、はじめてのビールです!!おまけに、カクテルもありました♪
 明日はキャンディーを超えて、ヌアラエリアの山の上まで走ります♪今回のツーリングで一番走ります♪

 グーグルのマップがあれば、迷子にならなくて大丈夫!!というと、てちゃんは「そういうの見ながら走るのって、いやだよね!たまに道に迷子になったりしたときに地図で確かめる通りでいいのよ!ツーリングって、迷子になったりするのが楽しいんだからさ~~」と、ブツブツ言っていました。

 それと、私が携帯を充電しながらバイクに乗っていると、てっちゃんが「風呂の中では充電しない方がいいよ!感電して死んだ人いるんだからね!!」

 この一言が次の日のツーリングを最悪な状態にしてしまうとは、この時には夢にも思っていませんでした・・・おやすみ~~♪

スリランカツーリング/ヌアラエリアへ2017年08月06日

スリランカツーリング
 毎日良いお天気だったのですが、朝から天気が危ない感じです。雨が降りそうなので、雨具を着ました。
 走りだして少したつと雨が降り出し、ナビは全く見えなくなりました。キャンディ手前で右に曲がるあたりで、私は携帯の電源を切ってしまいました。

 「感電するの嫌だから、携帯もう消しちゃったからね!!」

 キャンディの手前で右に曲がるところを、テツは左に曲がってしまいました♪「そっちじゃないよ!!!!間違えているよ!!!」

 そのとたん、お祭り渋滞の中にはまり、おまけにスコールが!!!あっと言う間に泥水が回り出し、足元には20センチぐらいの水が!!!

 洪水になる??????????( ̄▽ ̄;)

 やばい!!!!!!!!!!!!!( ̄▽ ̄;)

 どうにか渋滞を抜けてようやく走れる道に行きましたが、やたら道が狭くて心配でしたが、そのまま走りました♪

 だいぶ走ったところで、細い山道に入っていきました。ダート!クネクネ!ガタガタ!そのままナビの案内するままに走ったのですが、たしかキャンディーから2時間30分ぐらいでヌアラエリアに到着するはずなのに、走れば走るほど到着時間が増えて行くのです!
 
 なんか変だね!!でも、走ればいつかは到着するんじゃない??

 走れば走るほど遠くなる・・・やっぱりへん!!

 私が緑のスリーフィーラーのおじさんに大きな声で「ヌアラエリア!!ヌアラエリア」と言うと、おじさんは「ヌアラエリア???」と首をふりました。そして、自分についてくるようにと走り出しました。

 来た道を戻ります!!そして、細い岩だらけの近道へ!!

 オフロードの人はいいけど、あたしのバイクじゃきつい!!

 なんとか走りぬけ、少し大きい道に出ると、おじさんは、あっちえ行けと指で道を教えてくれました。お礼を言って走ったのですが、ずっと来た道を戻っているだけです。
 細い道で、赤いスリーフィーラーとすれ違う時、あまりにもぎりぎりで、道路脇の石ころの道に行ってしまいました。道にあがるのに高さが7センチぐらいあり、がんばったのですが、ドテッ!!!

 立ちごけ!!!!!!!!( ̄▽ ̄;)
 泥の中での立ちごけ!!!!!( ̄▽ ̄;)

 バイクは無事でしたが、リュックも自分もどろんこ・・・・

 結局さっき曲がった道まで戻り、さらに戻ると、ようやくナビの案内する時間が短くなりました♪

 どうでもいいけど、もうトイレ我慢できないよ~~( ̄▽ ̄;)
 立ってトイレができるグッツを、お姉ちゃんにニューヨークから買って来てもらったものが生かされました♪これはすぐれものでした♪

 その後は、ヘアピンカーブ2時間です♪バイクが小さいので何とか走れましたが、大きいバイクだったらへこたれていたかもしれません。

 案内時間は、どんどん短くなり、あと1時間を切った時は嬉しかったです!!霧が深くなり、あたりは暗くなり、誰もいない山道を走り、ようやくヌアラエリアに到着すると、そこは今までの道は何だったの???と思うほどゴージャスなホテルが並び、観光客で車もいっぱいあり、驚きまいた!!
 ゴージャスなホテルに到着して、キラキラした中に入ったのですが、人々の目はなんだか白く見えました・・・( ̄▽ ̄;)

 頭はぐちゃぐちゃ!リュックはどろんこ!ズボンもどろんこ!靴もぐちょぐちょ!荷物はぐちゃぐちゃ・・・・・・

 中に入ると、ホテルの人が、あったか~~いスープをくれました♪それがもうもう、涙が出そうなぐらい美味しかったです♪

 着替え濡れたものをすべて干してからレストランにお食事へ・・・♪食べ物すべてがゴージャスで、デザートとかケーキも最高にきれいでした♪昼ぬきで走って来たので、何を食べてもおいしくて、大満足でたくさん食べてしまいました♪

 無事到着できて、本当に良かったです♪

 明日はちゃんとナビ見て走ろう・・・防水ちゃんとして感電しないように気をつけながら・・・・・・( ̄▽ ̄;)

スリランカツーリング/キャンディーペラヘラ祭りへ2017年08月07日

キャンディーペラヘラ祭り
 ヌアラエリアで朝食を食べ、散歩に出ると雨が降って来ました。スリランカですが、ヌアラエリアはとても涼しいです。観光の人たちは、薄いダウンを着ていました。
 荷物をバイクにつけてキャンディーに向かいます。キャンディーまでは2時間半ぐらいなので、そんなに距離はありません。ただ、今日はペラヘラ祭の最終日なので、道路は混むので早めに行くことにしました♪
 今回この時期にスリランカに来たのは、ペラヘラ祭を見たかったからです。そのためクイーンズホテルを予約しました。
 クイーンズホテルは、仏歯寺のすぐ前にあり、お祭りがよく見える最高のホテルです。予約はなかなか取れないそうです。
 
 ヌアラエリアから昨日来たヘアピンカーブを下り、美しいお茶畑をたくさん見ることができました。道路では、小さい子どもたちがレタスなどの野菜を手にして販売しています。それを見て、ちゃんと学校に行けているのかなと思いました。山をおりると雨は上がり、とても良い天気になってきました。
 キャンディまでは無事に走ることができましたが、キャンディーに入ると、ものごい車の量で、あちこち一方通行になったりしていてホテルに到着できませんでしたが、ナビのおかげで、そんなに遠回りせずにホテルの駐車場に到着しました♪
 部屋の窓からも、お祭りが見れて最高です♪

 荷物を置いて、仏歯寺に行くと、今日のお祭りのための象の衣装を修理していたり、象が餌を食べていたりするのを見ることができました。
 スリランカのお寺には、ムーンストーンがあります。半円の石で、動物などが描かれています。この上を通ると、どんなに偉い人も、貧しい人も、みんな同じになるそうです。

 今日は、お祭りなので、お酒はどこにも売っていません。ホテルにもお酒はありません。食事もできないかもしれないので、近くでピザをテイクアウトしました。このビザ・・・なぜか海老とワサビが入っています。

 街を歩きましたが、歩道はもう人がギッチリです。早くから場所をとって座っていました。ホテル等は、板でできたひな壇のようなものを出して入り口などに並べます。そこにギッシリ椅子を並べて席を作ります。ホテルの人に聞くと、特にお金を払わなくてもゲストは座ってもいいということだったので、座らせてもらうことにしました。
 ピザとジュースを飲んで6時半には席に座りました♪とてもよく見える席です!道路の向かいの左側には、お坊様のテントと席があり、路上はスリランカの人たち。そして、ホテルには観光の人たち。ちょうど目の前の少し先が仏歯寺の入り口なのです♪
 更に席は増え、道路ぎりぎりまで椅子が並びます。私の隣にはスリランカの女性がいました。

 てつは私に釘をさしました「お祭りなんだからね!どんなに頭に来ても文句を言ったらみんなが嫌な気持ちになるならね!絶対文句言ったり喧嘩したりしないでね」

 ・・・・・・・・・・日本の祭のたんびに喧嘩してるみたいじゃん( ̄▽ ̄;)

 なかなか始まりません・・・

 夜の8時30分を過ぎたころに、ようやくまるい火を持った人たちが現れました。すると、目の前の女性が立って写真を撮ります・・・

 ここまで来たのに、見るのは女性の背中?????????

 ムカムカしましたが、お祭りなので我慢しました。そのうち、その女性は隣の席に移り、私はお祭りが良く見えるようになりました♪ところが、スリランカの女性は見えません。言葉はあまり通じなかったのですが、二人で前の女性のことを嫌なやつだね!!という身振りをし、なるべく私の方に来るように彼女に伝えました。

 仏歯は、黄金の入れ物に入っていて、お寺に収められています。それをなかなか見ることはできません。以前にお坊様と来た時に、ほんの瞬間開いたところを見せてもらったことがあります。その黄金の中に入っている仏歯を象が背中に乗せて行列するのです。

 いよいよ仏歯が来ました!!私たち観光の人たちはみんな立ち上がり写真を撮影します。通りの人たちは、みんな手をあわせて祈ります。隣の女性も、手をあわせて祈りました。

 あたしは・・・どうしよ・・・( ̄▽ ̄;)

 急いで写真を撮影し、隣の女性と一緒に手をあわせて祈りました。その瞬間、人々が大切にしている祈りのエネルギーで街中がひとつになったような気持ちになりました。裕福な人たちなんてほとんどいないのですが、スリランカの方たちは、目があうとみんな笑顔で微笑んでくれて目がキラキラしています。なんて素敵な国だろうと思います。

 夜中の12時を過ぎても、象の行列は続きます。部屋に戻って行列を見ていました。12時半ごろ、最後の行列が仏歯寺から出ると、突然花火が鳴って、お祭りは終わりました。
 そのとたん、まず、お坊様たちが仏歯寺の方に行き、通行止めになっていたところが解放されると、道路はギッチリ人でいっぱいになりました。この人たちみんな・・・いったい何処に行くんだろう・・・・

 夢のような、お祭りの時間が過ぎました♪本当に来て良かったです♪それも大変な思いをしてキャンディーに到着したので、よけいにスリランカが大好きになりました。本当に心から日本に帰るのは嫌だと思いました。

 明日は、キャンディーの象の孤児院に行き、その後はネコンボにバイクを返しに行きます・・・・・もっと走っていたいな・・・・・

スリランカツーリング/象の孤児院へ2017年08月08日

スリランカ象の孤児院
 朝散歩に出ると、昨日の人込みは消え、ホテルがそびえ立っていました。ここの、この入り口からお祭りを見ることができたなんて運が良かったと思いました。

 キャンディーから1時間ぐらい走ると象の孤児院があります。走っていてサルは山のようにいて、のら犬も山のようにいて、のら牛もいますが、のら象もいます。ホテルのトイレットペーパーの上にヤモリがいたこともありました。のら象になった象を保護するために、象の孤児院があるようです。ここの象たちは、広いところに暮らしていて、時々水浴びに来るようです。

 お散歩がてら象たちを見て、いよいよネゴンボに向かいます。いよいよツーリングは終わりとなります。

 ずっと元気だったのですが、帰るとなると、なんだか力が抜けて、なんか疲れてきたかも・・・という気持ちになりました。バイクで走り、走り、ネゴンボに到着しました。行く時には緊張しすぎてコチコチになって走ったネゴンボも、今ではスイスイ走れます♪バイク屋さんに到着して、バイクを返しましたが、おそらくこの先、こんな風に海外をツーリングすることはないと思うので、ヘルメットは、バイク屋さんにあげてしまいました。
 
 ネコンボからタクシーでコロンボに向かいます♪コロンボ市内に入ると、別世界です!ビルが立ち並び、道路は車だらけ!!コロンボだけはバイクで走れないと思っていましたが、今だったら走れるような気も少ししました。コロンボではいつも泊まるシナモンホテルに宿泊です。それも、今回はビップな部屋♪今日は満月なので、満月が見える部屋にしたようです♪

 NCEFのソーマ先生に連絡がようやくとれて、お忙しい方でしたが、夜遅くに会うことができました。私たちからNCEFへのカンパと、バイクで持ち歩いていた、おみやげも渡すことができました。
 ソーマ先生は、「スリランカをあなたたちのようにバイクで走る人はいません。危ないです。何事もなかったのは、あなたたち運が良かったんですね」と、微笑んでいました。

 ソーマ先生と別れ、グッスリと眠りました。夜中に目が覚め、無意識にカーテンをあけると、美しい満月が出ていました。子どもの頃から、お月さまが大好きだったので、月が私を呼んでくれたような気もしました。

 スリランカよ・・幸せな時間をありがとう♪日本で毎日必死で仕事しているから、これは神様からのプレゼントだね・・・・・・・・・・☆

スリランカツーリング/コロンボへ2017年08月09日

スリランカツーリング
 いよいよ最終日です。夕方には日本に帰ります♪

 ビップなラウンジで朝食を食べて、地下にあるスーパーに、お土産等を買いに行きました。ランブータンを食べたかったのですが、買う機会がなかったので、フルーツもたくさん買いました♪
 ホテルで食べましたが、フルーツは、マンゴーもランブータンもマンゴスチンも甘くて本当においしいです。
 
 スリーフィーラーのおじさんにお願いして、コロンボの街を案内してもらいました♪海は、中国がスリランカ中の土を集めて埋め立てて、巨大なショッピングセンターを作ろうとしれいるようで、海は半分しか見えなくなっていました。
 大きなビルも次々と建設されていて、昨日まで見ていたスリランカとは全く別の国のようです。高速道路も立派です♪ここを見て、ここがスリランカだと思うのは違うような気がしました。

 早めに空港に行き、軽く食事をしましたが・・・食事をしたとたん気持ちが悪くなり、胃腸薬を飲みましたが、本当に毎度同じです( ̄▽ ̄;)

 帰りの飛行機では機内食も一切食べられず、眠りながら帰って着ました。日本に帰って来ると、やっぱり日本が良いと思いましたが・・・夜は、体調が悪いにもかかわらず、冷たいビールを飲みに行ってしまいました♪

 私にとっては、スリランカツーリングは大冒険でした♪でも、無事帰って来て、なにか大満足感があります♪バイクで走ると、車とは違った、その街への親近感が深まります♪におい♪風♪温度♪そこに住んでいる人たちの笑顔♪すべてが私の心にしみこみます♪
 いろんなことがありました。迷子になったり、スコールにあったり!でも、どんなことがあっても走っている間中楽しくてたまりませんでした♪どうして自分はこんなにバイクで走っているのが大好きなんだろうとも思いました♪そして、オートバイ好きの父が生きていたら、この道を走りたかっただろうな~~と思います。

 すべてが素晴らしい思い出となりました。もうスリランカに行くことはないかもしれませんが、スリランカをバイクで走ることで、今までとはまた違った素晴らしいスリランカと出会えました♪

 最高に楽しかったで~~~~~~す♪♪♪
W650画像